【探偵へ不安を感じる方へ】浮気調査がバレることはないの?

探偵に浮気調査を依頼する時、夫にバレることはないのか心配になりますよね。

密かに浮気調査を進めようと探偵を雇った結果、調査がバレて全てが水の泡になってしまうのは絶対に避けたいものです。

果たして、探偵の浮気調査がバレることはあるのでしょうか・・・?

仮にバレる可能性があるのであれば、どういったケースでバレてしまうのでしょうか・・・?

浮気調査がバレる可能性は0ではない!

いくら調査業を生業としている探偵といえども、浮気調査がバレる可能性は0ではありません。

尾行中、対象者にバレてしまうこともあれば、張り込み中もバレることもあるでしょう。

しかし、経験豊富な探偵ほど調査技術が高いため、浮気調査のバレる危険性はかなり低くなると言えます。

また、そういった熟練した探偵達は、バレる危険を察知した時点で調査を打ち切って改めて調査方法を練る、いわゆる調査の「勘所」も持っているので安心感があるでしょう。

 

さて、バレる可能性が0ではない浮気調査ではありますが、バレるケースとしては一体どういったケースが考えられるのでしょうか?

浮気調査がバレやすいケース

経験の浅い探偵が調査で失敗するケース

浮気調査がバレる原因の1つとして挙げられるのが、探偵の経験不足です。

経験の浅い探偵は技術力が乏しく、現場経験も少ないため、尾行や張り込み中に調査の存在が疑われてしまうこともあります。

疑われるだけなら調査を一旦中止すれば良い話ですが、経験が浅い探偵だと対象者に疑われていることを察知できないので、そのまま調査を続行して対象者に完全にバレてしまうケースもあるようです。

逆に言えば、熟練した探偵であれば、調査の存在を疑われることも少なく、バレる危険性を即座に察知できるので、その分、浮気調査がバレることも少ないといえるでしょう。

対象者の警戒心が強いケース

探偵は調査のプロなので、多少警戒心が強い対象者でも、無事に浮気調査が終わることがほとんどのようです。

しかし、過去に依頼者自身、もしくは探偵に調査を依頼して、尾行や張り込みが対象者、浮気相手にばれてしまったことがある場合は危険性が高まると言われております。

尾行や張り込みが1度でもバレたことがあれば、それだけ警戒心も強くなるので調査も難しくなります。

また、過去に浮気の証拠を掴んで相手を問い詰めたことがある場合、対象者も次はバレないようにと警戒するようになるでしょう。

ただ、過去に浮気調査がバレたことがあるか、浮気の証拠を突きつけたことがあるか、といったことを探偵へ事前に伝えておけば、探偵社側も万全な体制で行えますので怪しまれることなく浮気調査を遂行することができるでしょう。

依頼者が原因になるケース

浮気調査がバレる原因で最も多いと言われるのが、依頼者の行動や言動。

たとえば、調査中、夫に対して不自然な振る舞いをしたり、調査を匂わせるようなことをつい言ってしまったり、共通の知り合いに調査のことを話してしまったりしてバレるケースも多くあるようです。

他にも、探偵とのメールを見られてしまったり、Webサイトの閲覧履歴を見られたり、探偵社の広告やチラシが見つかってしまったりと、依頼者の周りにはバレる危険性のあるものが意外と多くあります。

完全にバレるとまではいかなくとも、疑いをもたれるだけで調査の難易度が高まってしまいます。

なので、浮気調査を依頼する時は、事前の打ち合わせのタイミングなどで依頼者としての振舞い方・心構えをレクチャーしてもらうよう促すと良いでしょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  2. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  3. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
  4. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  5. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
探偵さがしのタントくん

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ