gps 車 どこにつける

GPSは車のどこにつけるとバレない?浮気調査のおすすめ設置場所

GPS発信機を車に取り付けて浮気調査をする際、設置場所はかなり重要ですね。

万が一、設置したことがバレてしまうと相手の警戒心が強くなりますので、今後の調査が容易ではなくなりますし、最悪の場合、証拠を集めることが不可能な状況にもなりかねませんね。

そういった自体を避けるためにも、今回はGPS発信機をどこにつけるといいのか、浮気調査でおすすめの設置場所をご紹介します。

GPS発信機を使って浮気調査!車のどこにつけるバレにくい?

トランクの隅っこ(脇ポケット)

旦那さんがトランクを使わない人であれば、ほぼバレない設置場所ですね。

もしトランクに脇ポケットがついているのであれば、その中に入れるといいですね。仮にトランクを空けられたとしても外から見えませんので、簡単にバレることはありません。

夫婦共有の車なら自分の私物も入れておけばカモフラージュにもなります。

トランクの中に仕込むと電波が飛ばなくなったり、測定に誤差が発生する場合があるので事前に確認しておきましょう。

後部座席のシートと背もたれの間

GPS発信機を車に設置する場合、最も多いケースがシートと背もたれの間です。

基本的に、車の中には浮気相手と旦那さんの二人だけですので、使われるのは運転席と助手席だけです。

後部座席はほぼ使われることはないでしょうし、仮に振り返って後部座席を見られたとしても、シートと背もたれの間はほぼ死角ですので、簡単には見つかりませんね。

※車によっては後ろ側からはみ出たりする場合もあるので、設置前に確認しておきましょう。

後部座席のヘッドシートの間

シートの間にはさむのが難しいようでしたら、ヘッドシートの間に設置するといいでしょう。

万が一、後部座席に座られたとしても、ヘッドシートの間まで調べられることは考えにくいですし、設置もしやすいので手間もかかりませんね。

ただし、運転の振動などによって発信機が落下してしまう恐れもありますので、リスクも踏まえて注意して設置しましょう。

【マグネット付きの場合】車体下

マグネット付きのGPS発信機の場合、車体下に取り付ければほぼバレることはありませんね。

よっぽどのことがない限り、わざわざ車体下を覗き込むなんてことは考えられません。

また、中央部に取り付けていれば、仮に車体下を見られたとしてもひと目でGPSが見つかるわけではありません。

ただ、車体下は設置場所としてはいいところなのですが、取り付け・取り外しが少し面倒なのが難点ですね。

ちなみに、車外で設置する場合は

  • マフラーなどの熱が出る場所の周辺
    ⇛熱によって故障する恐れがある
  • 凹凸がある部分
    ⇛マグネットが取れやすい

に設置するのは控えておきましょう。

【まとめ】GPSで行動を把握して決定的な証拠を掴もう!

ここまで、GPS発信機のオススメ設置場所をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

車の種類や夫の行動パターンでも設置場所が変わってきますので、自分のケースに合わせてご参考して頂けると幸いです^^

また、機種によっては車内やトランクに設置すると上手く機能しない場合もありますので、なるべく車外に設置した方が安全かもしれません。

 

GPSの記録それ自体は証拠として弱いですが、GPSで行動を把握すれば決定的な証拠を掴みやすくなります。また、浮気疑惑から確信へと変わる判断材料にもなります。

実際、探偵も調査でGPSを活用しているぐらいですから、下調べとしてGPSはかなり役立ちます。

そして、GPSで夫の行動パターンや浮気の場所が特定できていれば、探偵費用もかなり抑えられるので、自分である程度調査した後、決定的な証拠を取るところだけは探偵に任せるのもアリですね。

⇛無料で何回でも相談できる【街角探偵相談所】
街角探偵相談所


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  2. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  3. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  4. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  5. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
SNSで浮気発見

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ