探偵社と興信所の違いは?意外と知られていない調査業の基礎知識

浮気調査についてネットや広告などで調べていると、「〇〇探偵事務所」と「〇〇興信所」といったように、探偵と興信所の2つの単語があるとお気づきの方もおられるでしょう。

本サイトでも探偵社と興信所の両方の言葉を使っておりますが、2つの単語には違いがあるのだろうかと疑問に思うことはないでしょうか。

そこで本ページでは、探偵社と興信所の違いについて調べたことをわかりやすくまとめたいと思います。

探偵社とは?

一般的に探偵社というのは、浮気調査、素行調査、人探しなど、尾行を伴う個人の信用調査や行動調査を主とした業務内容になります。

要するに、探偵社の業務は個人のための調査、いわゆるBtoC調査業ということですね。

探偵社は業務を遂行するにあたって、身分を明かすことなく、尾行、張り込み、聞込みなど、時間や手間をかけながら徹底的な調査を行います。

そのため、興信所と比べて探偵社の方が比較的詳しい調査結果が言われております。

興信所とは?

探偵社が個人に対する調査が主な業務である一方で、興信所は企業の雇用調査、信用調査、市場調査といった、企業に対する聞込みが伴う調査が主な業務内容となります。

探偵社がBtoC調査業といえるなら、興信所はBtoB調査業ですね。

興信所は調査対象者に直接面談したり、電話による聞込み、取材などを行うため、探偵社と調査手法に少し違いがあるようです。

そして、興信所の方が、直接聞き取り調査を行うので、興信所の方が比較的にコストが安く済むとも言われているようです。

現在では、探偵社と興信所には根本的な違いはない!!

ここまでの話は、以前(昭和時代ぐらい?)までの話です。

現在の調査業界においては、探偵社と興信所には根本的な違いはなく、料金や調査結果の精度も探偵社や興信所によりけりです

実際、現在では総合探偵社や総合興信所として、個人と企業の両者に対して、調査業務を行っているところ会社も多く、探偵業法(※)でも探偵社、興信所どちらとも「探偵業」として定義されております

※探偵業法・・・探偵業の業務を適正化するための法律

もちろん、浮気調査が得意で信用調査が不得意な探偵社、浮気調査が不得意で信用調査が得意な興信所といったように、今でも探偵社、興信所によっては得意分野、不得意分野はあるとは思いますが、調査業としての境界はほとんどないようです。

ただ、テレビや小説、アニメなどのメディアの影響から、一般的に探偵という言葉の方が伝わりやすいと考えると、もしかすると今後は興信所という言葉は使われなくなっていくかもしれませんね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
  2. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  3. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  4. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  5. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
響(ひびき)・Agent

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ