LINEやメールの内容によっては浮気の慰謝料が請求できる?!

LINE(ライン)やメールで夫の浮気が発覚し、浮気相手への慰謝料請求を考えている方も少なくないと思います。

ただ、ここで問題になってくるのがLINEやメールだけで慰謝料が請求できるのか?ということ。

やり取りの内容によっては慰謝料が請求できるような気もしますが、実際はどうなのでしょうか・・・

LINEやメールだけでは慰謝料請求は難しい

結論から先に言うと、LINEやメールの内容だけで慰謝料を獲得するのは難しいです。

というのも、LINEやメールは浮気の決定的な証拠になりえないからです。

浮気された当事者からすると、「内容からして絶対浮気している!」と思うかもしれませんが、慰謝料請求のための証拠になってくるとLINEやメールだけでは不十分です。

浮気の慰謝料請求で決定的な証拠となりえるのは「肉体関係が推測できる証拠」です。

肉体関係が推測できる証拠というのは、ラブホテルや相手宅を出入りしている写真やビデオのことを言います。

→浮気の決定的な証拠について、詳しくはこちらの記事をご参考ください。

残念ながら、LINEやメールだけでは肉体関係を証明するのは難しく、それだけの証拠で勝負するのは得策ではないでしょう。

LINEやメールだけで問い詰めるのはNG

人によっては、「LINEやメールだけで夫を自白させてやる!」と考える人も少なくないでしょう。

もし、慰謝料請求のことを考えないのであれば、それもそれで良いかもしれません。

ただし、慰謝料請求、離婚まで発展する場合まで考えるのであれば、LINEやメールだけで問い詰めるのは得策ではありません。

なぜなら、LINEやメールの内容だけでは言い逃れや言い訳されてしまう可能性が高いからです。たとえ、限りになくクロに近い内容であったとしても、言い訳のしようはいくらでもありますし、夫や浮気相手からすると証拠能力が弱いもので問い詰められても怖くはないでしょう。

そして、一度問い詰めて言い逃れされてしまうと、夫の警戒心が強くなって、本来入手できるかもしれなかった決定的な証拠の入手が困難になります

いくら調査のプロである探偵に頼んだとしても、警戒心の強い相手から証拠を取るのは難しく、中には依頼を前もって断る探偵社もあります。

つまり、慰謝料請求を考えるのであれば、決定的な証拠をつかむまで、夫を泳がせておいた方が賢明だということです。

こうなってくると、LINEやメールは全く使い物にならない証拠のように思えますが、実は時には大きく役立つこともあります。

時には、LINEやメールの内容が大きな武器になることも!

LINEやメールは単体ではあまり使えませんが、他の決定的な証拠と組み合わせると証拠能力が高くなると言われております。

たとえば、ラブホテルの出入りの写真が1回しか撮れなれなかったとしても、メールやLINEの内容と合わせると、総合的な証拠能力が高くなるでしょう。

また、LINEやメールの内容をチェックしておけば、浮気の日時や浮気相手の情報を集めることができます。それらの情報を事前にチェックしておけば、浮気調査のコストを安く済ませることができます。

つまり、LINEやメールの内容は直接役に立たなくとも、間接的に役立つことがあるのです。

実際、私がある探偵社に電話相談した際、「見積もりに来る前に、LINEやメールはガンガン確認しておいてください!」と言われました。

なので、もしこれからLINEやメールの内容をチェックする場合は、自分の携帯に転送しておくと良いかもしれません◎


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
  2. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  3. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  4. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  5. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
SNSで浮気発見

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ