弁護士に浮気調査を頼めるの?どこまで調べてくれるの?

離婚や慰謝料の請求を前提とした浮気調査を行う際、弁護士が必要となる場面もあるかと思います。

どのみち弁護士に依頼するのであれば、探偵社に頼まずに浮気調査も弁護士にお願いしたいと考えている方もおられるのではないでしょうか。

その方が、弁護士とのやりとりだけで済みますし、気持ち的にも安心して依頼できますよね。

しかし、そもそも弁護士に浮気調査は依頼できるものなのでしょうか?

本ページでは、浮気調査において弁護士の役割について調べたことをまとめたいと思います!

弁護士に浮気調査を頼めるの?

結論から言うと、弁護士はあくまで浮気の証拠を使って浮気を証明する役割ですので、浮気調査を行って証拠集めをしてくれるわけではありません

浮気調査の役割を担っているのは探偵社や興信所であり、弁護士は証拠が揃ってから登場することになります。

弁護士のホームページにも「浮気の証拠を集めて、立証を行います」といったことを書いているところもないようですし、このことからも弁護士は浮気調査を行わないことが伺えます。

なので、浮気の証拠が得られないまま弁護士に相談しに行ったところで弁護士は不貞を立証することはできないので、「まずは証拠を集めましょう」「浮気調査を依頼できる探偵社を紹介します」と言われるのが関の山でしょう。

弁護士の役割は?

浮気調査を行うのが探偵社や興信所の役割だとすれば、浮気問題で弁護士ができることは何なのでしょうか。

弁護士は法律の専門家ですので、

「浮気による離婚で得られる慰謝料の額」

「離婚すべきかしないべきか」

「離婚後の財産分与」

「証拠が法的に有効かどうか」

などの相談することができます。

これらの相談内容を見てわかるように、弁護士にできる相談は浮気の証拠が掴めた後からでないと話が進まない相談ばかりです。

ただし、浮気調査前であったとしても、弁護士に離婚に関する法律的な相談できないわけではないので、これからのプランを練るために弁護士へ相談しに行くのも良いかもしれません。

浮気調査は探偵社・興信所の役割!

さて、弁護士に浮気問題の相談に行った場合、浮気の証拠集めに関するアドバイスを受けることになると思いますが、弁護士によっては探偵社や興信所を勧めることもあるでしょう。

繰り返しになりますが、弁護士は浮気調査の役割はなく、法的に有効な浮気の証拠を揃えてもらってが集まってからでないと動くこともできません。

そこで、その法的に有利な証拠を用意するのに役立つのが探偵社や興信所。

自分で調査をして証拠を集めることもできますが、それにはリスクが伴い、弁護士側からすると法的に使える証拠を揃えてほしい思いもあるので、探偵社や興信所を勧める場合も多いようです。

弁護士事務所によっては優秀な探偵社と関係を持っているところや逆に探偵社が弁護士と関係を持っているところもあり、それだけ浮気問題には弁護士と探偵社が連携が必要となります。

浮気の証拠が集まれば、弁護士は強い味方!

探偵社や興信所へ浮気調査を依頼して、証拠が集まれば弁護士は強い味方となるでしょう。弁護士は、依頼者が持ってきた証拠を精査して、パートナーや浮気相手に請求する慰謝料の額をあげたり、親権を獲得するために尽力を尽くしてくれるでしょう。

また、支払いを強制的にする手続きをしてもらったり、相手が支払いを拒んで話がややこしくなるのを仲介する役割も担ってくれることもあるようです。

このように証拠を掴んだ後であれば、離婚や慰謝料の請求のために弁護士を多いに活用することができるのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  2. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
  3. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  4. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  5. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
探偵さがしのタントくん

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ