ICレコーダーで録音した内容は浮気の証拠としては不十分?!

浮気調査をしようと思い立った時、ICレコーダーで浮気相手との会話を録音しようと考える方も少なくないと思います。

仮に浮気相手との会話を録音できたとすると

「証拠が抑えられた!」

「慰謝料請求できる!」

と思いますよね。

しかし、残念ながらICレコーダーによって録音した内容は浮気の証拠として不十分なのです・・・

浮気相手とのやり取りの録音では証拠として弱い

ICレコーダーを夫のバックや車の中に仕込んで、仮に浮気相手とやり取りを録音することに成功したとしても、苦労して得たその録音は浮気の証拠としては弱いです。

というのも、慰謝料の請求や離婚の話を有利に進めたいのであれば、「肉体関係が推測ができる証拠」が必要だからです。

もしかすると「浮気相手と接触しているのがわかれば浮気の証拠になるのでは?」と思う人もいるかもしれません。

確かに、浮気相手とのやり取りの録音が取れれば、他の女性とコンタクトを取っていることが判明し、浮気心があったのか否かは確認できるかもしれません。しかし、録音でわかるのはそこまでで、それ以上のこと、つまり肉体関係があったのかどうかまではわかりません。

それなら「行為中の録音だったら浮気の証拠になるのでは?」と思うかもしれませんが、残念ながら行為中の録音だとしても浮気の決定的な証拠とは言えないのです。

行為中の録音だとしても浮気の証拠にならない?!

車やバックの中にICレコーダーを仕込んだことがバレずに、夫と浮気相手がそのまま行為に入ったとしましょう。そうすると、行為中の声が録音できるので、肉体関係があったことは明らかですし、浮気の決定的な証拠になりそうなものです。

しかし、残念ながら行為中の録音であっても、あくまで音声だけなので、夫と浮気相手の2人の声であるという状況証拠が必要になります。逆に言えば、行為中に名前を呼び合っていたら有利な証拠になるでしょう。また、行為中の録音は夫や浮気相手を自白させるには十分な材料ともいえます。

ただ、もし万全に慰謝料請求や離婚の話を有利に進めたいのであれば、録音以外の決定的な証拠が必要です。

録音は使いようによっては強い武器になることも!

ここまで、録音は浮気の証拠として弱いと繰り返し言ってきましたが、実は録音は使い方によっては強い武器になることがあります。

その使い方というのは、決定的な証拠入手するための材料として使ったり、決定的な証拠として組み合わせて使ったりする使い方です。

たとえば、録音の中に次に会う日時が入っていれば、浮気の日時が特定できますし、会話の流れで浮気相手の名前や居住先がわかるかもしれません。

そして、録音から得られた情報の最も有効な使い方は、それらの情報を使って探偵に浮気調査を依頼することです。

普通に探偵に浮気調査を依頼すると費用が高額になってしまう場合がありますが、あらかじめ録音で浮気の日時がわかっていれば話は変わってきます。なぜなら、浮気の日時がわかっていれば、ピンポイントで短時間の浮気調査が依頼でき、探偵費用を安く済ませることができるからです。

探偵社によっては、浮気の日時がわかれば10万程度で浮気の決定的な証拠が取れるところもあり、費用がかさむこともありません。

ただ、この金額を安いと取るか、高いと取るか人それぞれかと思います。

証拠にならない録音を持っておいて泣き寝入りするのか、証拠にならない録音を有効活用して多少お金をかけてでも慰謝料請求や離婚で勝ちに行くのか、どちらを選択をするのが正しいのでしょうか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  2. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  3. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  4. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  5. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
SNSで浮気発見

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ