浮気相手の個人情報がないと慰謝料請求ができない?調べ方は?

「浮気相手がどこの誰だかわからない…」

夫が浮気をしているのはわかっているのに、浮気相手に関する情報が全くなくてもどかしさを覚えている人も少なくないでしょう。中には、浮気相手に慰謝料を請求しようと思っているけど、相手の住所がわからくて中々前に進めないという方もおられるのではないでしょうか。

ここで今一度考えたいのは、浮気相手の本名や連絡先、住所がなければ、本当に慰謝料請求ができないのか?ということ。

そして、もし浮気相手の個人情報が必要だとしたらどのように調べれば良いのでしょうか?

慰謝料を請求する場合、浮気相手の個人情報が必要!

まず初めに確認しておかなければいけないのは、慰謝料の請求に浮気相手の個人情報(名前、住所、勤務先、電話番号など)が必要かどうかということ。

その答えは「必要」です。

というのも、浮気相手に慰謝料を請求する流れとしては、まずは浮気相手の通知書を郵送するのが一般的であり、郵送には相手の氏名や住所が必要となります。

仮に弁護士に慰謝料請求をお願いしたとしても、浮気相手の個人情報は必要であり、弁護士は身辺調査や素行調査などを行ってくれるわけではないので、基本的には情報収集は自分でどうにかしなければなりません

自分でどうにかしろと言われても「それができないから困っている!」という方も多いと思いますので、続いて、浮気相手の個人情報の調べ方を見ていきましょう。

浮気相手の個人情報の調べ方

まず、浮気相手の一部情報がわかっている状態での調べ方について。

何もわかっていない状態の方は、先に最後の見出し「何もわからない、どうしようもない場合はどうすれば?」をご覧ください。

本名がわかる場合

本名というのは、個人情報で最も重要な情報になります。本名は慰謝料請求の通知書を送る場合にも必要になってきますし、本名がわからなければ何も始まりません。

そして、仮に本名だけわかっている場合は、インターネット等で名前を検索してみると、もしかすると相手の個人情報が手に入る可能性があります。

ただし、インターネットで見つけた名前は同姓同名の別人である可能性があるので、自分の夫や夫の友達とつながりがないかを確認しておく必要があります。もし、夫と友達関係にあるのと確認できれば、ほぼ断定できたといえるでしょう。

電話番号・メールアドレスがわかる場合

人によっては、連絡先の名前を愛称で登録している人もいるでしょう。浮気をしている人となると、警戒心からあえて本名を登録していない人も多いかもしれません。

なので、旦那さんのメールや連絡帳を見ても、内容から「この人が浮気相手に違いない!」とわかっても名前はわからない…といった場合もあるでしょう。

そういった電話番号やメールアドレスしかわからない場合はインターネットでまず検索してみると良いかもしれません。

中には、自身のメールアドレスや携帯番号をネットで公表している人もいるので、もしかすると検索に引っかかる可能性があります。

また、浮気相手のキャリアがdocomo、auの場合は、弁護士照会すれば携帯番号だけで身元の特定が可能です。

メールアドレスや電話番号がわかる場合は、まずは相手のキャリアがわからないかチェックしておきましょう。

勤務先がわかる場合

浮気相手が同じ職場、客先の〇〇会社、といったように、名前や住所はわからないけど勤務先だけわかっている状態の方もいると思います。

ただ、残念ながら勤務先だけわかっていてもそれ以上相手の個人情報を調べるのは難しいです。

というのも、個人で企業に掛け合っても相手にされない場合が多いからです。

企業からすれば、1人の従業員のプライベートに首をつっこむメリットはありませんし、浮気が原因で会社を退職になったり、異動することになってしまうと、企業としては損失になりますよね。

なので、勤務先だけがわかっていたとしても、そこから他の情報を入手するのは困難といえるでしょう。

夫から強引に聞き出すのはNG!

いくら浮気相手の情報がわからないからといって、夫から強引に聞き出そうとするのは、あまり賢い方法ではありません。

夫からすれば浮気相手を守りたい気持ちもあるでしょうし、仮に浮気の証拠が無い状態だったとしたらいくらでも言い逃れのしようがあります。

証拠がない状態で強引に聞き出そうとすれば、浮気相手の情報どころか慰謝料の請求が極めて困難になります

なぜなら、夫の警戒心が強くなって浮気を隠蔽する、もしくは今まで以上に絶対バレないよう行動するようになるからです。最悪の場合、それが元で夫婦関係に傷が入って、そのまま浮気相手も突き止められず、慰謝料も取れずに離婚なんてことも・・・

そうならないためにも、もし浮気の証拠が無い状態で浮気相手の情報を得たいのであれば、まずは夫にバレないように情報収集から始めましょう。

情報が何もない、どうしようもない場合はどうすれば?

浮気相手に関する情報が何もない、色々な手はつくしたけど何も情報が得られなかった場合は、浮気相手への慰謝料請求は諦めるしかないのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。

情報が何もない状態からでも、どうにかなるものです。

ここで、今問題になっているのはポイントを整理してみましょう。

「浮気相手の個人情報がわからない」→「弁護士に頼んでも話が進まない」→「慰謝料請求できない」

弁護士が浮気相手の個人情報を入手してくれれば、全て問題が解決するわけなのですが、そういうわけにもいきません。

つまり、個人情報を調査してくれる役割が必要になってきます。

その役割を担ってくれるのが「探偵」です。

 

探偵に頼めば、浮気相手の情報はもちろんのこと、法的に使える浮気の証拠も入手してくれます。

慰謝料の請求において、「浮気相手の情報」と「証拠」はセットなので、仮に浮気相手の情報がわかっていたとしても証拠がなければ慰謝料請求できませんし、逆もまたしかり。

弁護士はその探偵によって集められた浮気相手の情報、証拠をもとに慰謝料請求を手伝ってくれるわけで、弁護士と探偵は切っても切れない関係といえるでしょう。

なので、浮気相手の情報がわからない、どうしようもなく途方に暮れている方は、探偵を使って見るのを検討してみると良いかもしれません。そして、もし弁護士に慰謝料請求を頼む予定がある方は弁護士運営の探偵社をおすすめします


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  2. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  3. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  4. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  5. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
響(ひびき)・Agent

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ