離婚しない場合でも、夫の浮気相手に慰謝料請求できる?相場は?

夫の浮気が発覚しても、子供や自分の今後のことを考えると、離婚がベストな選択とは限りません。

浮気調査で浮気の事実を明らかにし、離婚しないで夫婦関係の修復を図ることも1つの選択肢。

ただ、問題になるのが浮気相手への慰謝料。

特に、「夫は許すけど、浮気相手は許せない!」という人にとっては、この慰謝料については気になるところですよね。

果たして、離婚しないで夫婦関係を継続する場合でも浮気相手に慰謝料は請求できるのでしょうか?

請求できるとすれば、相場はいくらぐらいなのでしょうか・・・?

⇛浮気調査の探偵選びにお困りの方は浮気探偵ランキングもぜひ合わせてご覧下さい。

離婚しない場合でも浮気相手へ慰謝料の請求はできる!

「離婚しないけど、浮気相手には責任を取らせたい」と考えるのは、当然の心情ですよね。

結論から言うと、離婚しない場合でも浮気相手に慰謝料の請求はできます。

慰謝料というのは、浮気をしていた夫または、浮気相手から受けた精神的苦痛に対して支払われるお金なので、慰謝料の請求ができるかどうかという問題には離婚するしないは関係ありません。

ただ、慰謝料の金額の問題になってくると、浮気が原因で離婚するしないということが関わってきます。

相場はどれくらい?

浮気、不倫による損害の大小で慰謝料の金額も変ります。

たとえば、浮気が原因で別居になった場合は100万円〜200万円、浮気が原因で離婚する場合は200万円〜300万円が慰謝料の相場と言われております。

そして、浮気はあったものの、別居も離婚もしないで、夫婦関係を継続していく場合は、50万円〜100万円が慰謝料の相場のようです。

このように、別居や離婚まで至ってしまった場合の方が浮気による損害が大きいと考えられ、それだけ慰謝料の金額も大きくなるのです。

ただ、浮気の損害というのは、別居や離婚だけで決まるわけではないようです。

他にも、

  • 夫と浮気相手との年齢差
  • 婚姻期間
  • 自分自身の落ち度
  • 浮気をしていた期間・回数
  • 浮気相手の意図

なども慰謝料の金額に関わってくるので、50万円〜100万円というのは、あくまで目安の金額です。
そのため、家庭状況や浮気の経緯を見極める必要があり、特に高額の慰謝料を請求したい方は一度専門家へ相談する方が賢明でしょう。


⇛離婚・慰謝料請求の無料相談サポート


【補足】夫婦関係が修復した場合の慰謝料請求の判例

婚姻期間:4年
浮気の期間:8ヶ月
不貞行為:10回以上
浮気相手の状況:浮気相手が勤務先を退職
慰謝料金額:50万円

慰謝料を請求するためには証拠が必要?

離婚するしないに関わらず、浮気相手に慰謝料の請求をする場合、必要となってくるのが浮気の証拠。

浮気の証拠がなければ、浮気の事実を立証することもできませんし、推測の話で終わってしまいます。

浮気の事実が立証できなければ、浮気相手に慰謝料を請求するのは難しく、場合によっては強引な言い訳で言い逃れされてしまうこともあるでしょう。

もちろん、証拠がなくても夫と浮気相手が浮気の事実を認めていれば、慰謝料の請求が可能になります。しかし、証拠がないことをいいことに、慰謝料の話になったら、突然浮気を否定し始めるケースもあります。

そういったリスクも避けるためにも、浮気の証拠というのはお守り代わりとしても、持っておくことに越したことはないのです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  2. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
  3. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  4. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  5. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
SNSで浮気発見

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ