LINEを転送して浮気を調べる方法|旦那の携帯から証拠を抑えよう!

もし浮気のLINEのトーク履歴を発見したら証拠として保存しておきたいですね。

LINEのトーク履歴はいつ削除されるかわかりませんし、履歴は他の証拠と組み合わせると証拠の有効性が高まることもあります。

そして、履歴を丸ごと保存するなら転送機能を使うのが効率的ですね。

そこで本記事では、浮気調査のためにLINEのトーク履歴を転送する方法を解説しますね。

LINEのトーク履歴を転送する方法

浮気相手とのトーク履歴を開く

LINEのトーク履歴を転送して旦那の浮気調査する手順①

まず、浮気相手とのやりとりが行われているトーク履歴を開きましょう。

トーク設定を開く

LINEのトーク履歴を転送して旦那の浮気調査する手順②

トーク履歴画面右上の下矢印のアイコンをクリックすると、【トーク設定】ボタンがあるのでタップしましょう。

トーク履歴を送信するアプリを開く

LINEのトーク履歴を転送して旦那の浮気調査する手順③

トーク設定画面を開いたら、【トーク履歴を送信】ボタンをタップしましょう。

送信するために使うアプリ一覧のポップアップが表示されるので、【メールで送信】を選びます。

すると、メールソフトが起動されます。

トーク履歴の送信

「宛先」に自分のメールアドレスを入力して、送信をタップしましょう。

※送信前に「差出人」のメールアドレスをチェックしておいてください。

トーク送信履歴の削除

メールを送信したので、当然メールの送信履歴が残ります。

送信ボックスを見る人は少ないとは思いますが、念のため、送信履歴も削除しておきましょう。

メールの送信履歴を削除する手順(詳細はココをタップ)

他人のLINEアカウントを操作するのは違法の可能性が!

ここまでLINEを転送する手順を書いてきましたが、忠告しておきたいことが1点あります。

それは、他人のアプリのアカウントを勝手に操作すると【不正アクセス禁止法】に該当する恐れがあるということです。

LINEはもちろんのこと、GmailやiCloudなどのメール操作も不正アクセス禁止法の対象となるアプリです。

そして、たとえ夫婦の浮気を調べるためだとしても、不正アクセス行為に該当すると言われています。

LINEからトーク履歴を転送するまでに、他の人(旦那さん)のLINEのアカウントを操作とメール送信を行っているわけですから、不正アクセスに該当していると言われてもおかしくはないでしょう。

なので、トーク履歴の転送をするのであれば、違法の可能性があるということは十分理解した上で自己責任で行うようお願いします。

※補足※

もし法的なリスクが不安であれば、自分で調べる前に弁護士や探偵に調査方法や必要な証拠について1度相談してみるといいかもしれませんね。

⇒参考:相談無料!浮気調査でおすすめの探偵ランキング

まとめ

以上、浮気調査のためにLINEのトーク履歴を転送する方法でした!

トーク履歴の転送に成功すれば証拠の1つを集められたことになりますし、履歴の情報を元に浮気の日時・場所などの情報も掴むことができますね。

同時にLINEの履歴は証拠として不十分な場合もあるので、履歴を入手できたからといってまだ安心はできません。

たとえば、単なる友人とのやりとりだとか言われたり、トーク履歴だけで問い詰めたとしても言い逃れされてしまう可能性は十分あります。

特に、慰謝料請求や離婚となると「証拠が足りなくて失敗した!」なんてことは絶対に避けたいので、LINEのトーク履歴以外のもっと決定的な証拠を集めておきたいですね。

旦那さんや浮気相手の逃げ場を作らないよう、引き続き証拠集めに専念していきましょう!


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  2. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
  3. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  4. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  5. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
SNSで浮気発見

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ