浮気調査で証拠になるものって何?慰謝料請求で最低限必要なものとは

夫に浮気の疑いがあり、どうにかして証拠を掴みたいと考えた時に重要なポイントとなるのが「証拠になるものはどんなものか?」ということ。

せっかく浮気調査して掴んだ証拠が使い物にならないものだと意味がありませんし、無意味な証拠を突きつけて言い逃れされてしまうと今までの苦労が水の泡になってしまいます。

特に、証拠を使って慰謝料請求を考えている場合は、有効な証拠と有効でない証拠は知っておく必要があるでしょう。

そこで本記事では、浮気調査で証拠になるもの(慰謝料請求で最低限必要な証拠)についてまとめます。

これから浮気の証拠集めをしようと考えている方は、ぜひご参考ください。

決定的な浮気の証拠になるもの

まず、浮気の事実関係を証明する、浮気の決定的な証拠になるものがどんなものなのか見ていきましょう。

  • 肉体関係が確信できる写真・動画
  • 夫が不貞行為を認めた録音記録
  • 探偵社の報告書

これらの証拠は決定的な証拠として認められており、慰謝料請求や離婚の際にも法的に効力を発揮する証拠と言われております。

さて、1つ1つの証拠を詳しく見ていきましょう。

肉体関係が確信できる写真・動画

浮気の一線は肉体関係があったか否かであり、肉体関係が裏付けられる写真(動画)は浮気の決定的な証拠になります。

肉体関係の裏付けられる写真とはどういったものかというと、3回以上ラブホテルに出入りしていることがわかる、ラブホテルで40分以上滞在していることがわかる写真のことを言います。ラブホテルの出入りが1回程度であったり、滞在時間が数分程度であったりする場合、慰謝料や離婚として認められないケースがあります。

言い換えると、決定的な写真には撮影した日時や写真の連続性がなければならないということですね。

また、ラブホテルではなく、浮気相手の自宅へ出入りしていることがわかる写真でも浮気の決定的な証拠としてなりえます。

逆にいうと、2人で一緒に手を繋いで歩いている写真、軽いキスをしている写真などの肉体関係が完全に証明できない写真は決定的な証拠になりえないということです。

夫が不貞行為を認めた録音記録

夫が浮気の事実を認めた際の録音記録は、浮気の証拠として認められます。

ただし、録音する際は相手に断っておく必要があります。というのも、ボイスレコーダー等の録音機は盗聴目的では使用してはいけないからです。

たとえ夫婦関係であったとしても、プライベートな会話内容は録音することは、人権侵害を行った盗聴行為として認められる場合があり、相手に反論の口実を与えて自分の立場が不利になる危険性があります。

自分を守るためにも、会話を録音する際は、夫の承諾を得てから録音しておくようにしましょう。

探偵社の報告書

探偵の報告書は浮気の証拠として認められます。

先にも書きましたが、肉体関係を証明する決定的な写真は3回以上ラブホテルを出入りしていることがわかり、滞在時間が40分以上であることがわかる写真であるのが望ましいです。

仮に自分で浮気調査して1回だけ写真が撮れたとしても、証拠としては弱いです。証拠として認められなければ慰謝料請求の額が大幅に下がったり、最悪慰謝料がもらえない場合もあります。また、証拠を集めようとして違法な方法を行った場合、証拠能力を失う上に、罪に問われてしまいかねません

きちんとした探偵社の浮気調査であれば、裁判でも使える浮気の証拠を基準にして証拠集めをしますので、その証拠が添付された報告書は慰謝料請求や離婚にも使える有効な証拠になりえます。

→安心で信頼できる探偵社一覧はこちらのページをご参考ください。

決定的な浮気の証拠にならないもの

決定的な証拠になるものと違って、証拠にならないものは沢山あります。代表的な証拠としては次のようになります。

  • メールのやり取り
  • 浮気相手からの手紙・プレゼント等
  • レストラン・ホテル等の領収書
  • 第三者の証言
  • 電話の通話履歴
  • GPSのデータ

自分の中では証拠になるものと思っていたものも結構含まれてはいるのではないでしょうか。

これらの証拠は浮気を疑うきっかけにはなりますが、肉体関係が証明できるわけではありませんので、決定的な証拠としてはなりえません。

たとえば、レストラン、ホテルへ誰かと一緒に行ったからといって、それが直接肉体関係が結びつくわけではないですよね。特定の相手との通話履歴が残っていたからといって肉他関係があったとは言えないですよね。

ただし、これらの証拠が全く使えないかと言われるとそういうわけではなく、決定的な証拠を補佐する証拠としては力を発揮する場合があります

具体的に、デートや外泊の約束などのメールのやり取りは、それ自体に不貞行為を立証するほどの力はありませんが、他の証拠(肉体関係が証明できる写真など)と合わせると証拠能力が高くなると言われております。

また、メールのやり取りで浮気の日時を特定しておけば、決定的な証拠を押さえやすくなります。

決定的な証拠でなくとも今後調査を続けていくうちに強力な証拠となる場合もあるの、ここで挙げたような証拠を見つけた場合はコピーやキャプチャを取って記録として残すようにしておきましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  2. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
  3. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  4. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  5. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
探偵さがしのタントくん

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ