LINE(ライン)やメールの内容は浮気の証拠になるの?

夫が浮気をしている証拠を掴みたいと思った時、まず考えるのがLINE(ライン)やメールですよね。

実際、最近はLINEやメールで浮気が発覚するケースをよく耳にしますが、本当にそれらに証拠能力はあるのでしょうか?

慰謝料請求や離婚まで発展する場合のことも考えて、ここでLINEやメールが浮気の証拠として使えるか否か学んでおきましょう。

LINEやメールの内容は証拠として不十分!

結論から言うと、LINEやメールの内容は証拠として不十分で、慰謝料請求や離婚では決定的な証拠にはなりえません

ただ、内容によっては全く使えないわけではなく、LINEやメールは夫を自白させるためだけの材料になったり、他の決定的な証拠と組み合わせることにより証拠能力が高くなります。また、LINEやメールは浮気の日時や浮気相手の情報をつかむのにも役立つので決して無駄ではありません。

では、なぜLINEやメール単体では証拠として不十分なのでしょうか。

それは、LINEやメールでは肉体関係が完全に証明できないからなのです。

慰謝料請求や離婚で有効な証拠は「肉体関係が推測できる証拠」

慰謝料請求や離婚で有効な証拠は肉体関係が推測できる証拠です。

肉体関係が推測できる証拠というのは、たとえばラブホテルを出入りしている写真、相手宅に何度も出入りしている写真などのことを言います。

さらに詳しくに言うと、ラブホテルに3回以上出入りしていて、40分以上滞在していることがわかる写真であれば「継続的な肉体関係」があったと推測できるので証拠としては十分です。

また、写真やビデオは鮮明なものではならなく、自分一人で証拠を集めるのは困難だと言われるのはそのためです。

つまり、本気で慰謝料請求と離婚を考えている場合、調査のプロ、いわゆる探偵に依頼して決定的な証拠(肉体関係が証明できる写真やビデオ)を用意しておいた方が有利に進められるということです

実際、浮気の証拠は、慰謝料や財産分与などの話を有利に進められる材料になると言われており、浮気の決定的な証拠がなかったがために離婚時に不利な結果で終わってしまった人もいるようです。

もし今、LINEやメールだけで勝負しようと思っているのであれば、それは博打としか言いようがありません。夫が心優しい人であれば自白してくれるかもしれませんが、言い逃れや言い訳のしようはいくらでもありますし、相手が証拠能力がないと知っていた場合はなおさら自白は難しくなるでしょう。

自分の今後を現実的に考えるのであれば、LINEやメールの内容だけを頼りにするのではなく、探偵社や興信所に相談して決定的な証拠をつかむことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


徹底比較!浮気探偵の総合ランキング


おすすめ記事

人気記事

  1. 【響Agentの評判】実際に浮気調査を頼んだ方のリアル体験談
  2. 探偵と弁護士の両方に相談したいならココ!浮気調査を効率的に進めたい方へ
  3. hal探偵社
    『HAL探偵社』を調べてみてわかったこと|口コミから信頼性を検証!
  4. 有名探偵社の浮気調査体験談まとめ!気になる探偵社の実態とは
  5. 初めての探偵探しに必須かも?!探偵社紹介サイト・サービス2選
SNSで浮気発見

カテゴリー

人気の浮気調査ブログを読みたい方へ

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ